セサミンについての基礎知識

セサミンを効果的に摂取

ゴマに含まれるセサミンの量はごくわずかなものです。一日の摂取目安量を満たすためには吸収効率の高い加工品や相乗効果のある食品と一緒に摂ることやサプリメントを利用することも視野に入れる必要があります。今回は、セサミンを効率的に摂る方法についてご説明します。

吸収効率の高いスリゴマ・練りゴマ・胡麻油などを利用する

セサミンはゴマ一粒に含まれる約1%のゴマリグナンのうち約50~60%ほどです。1日に約3000粒も食べなければなりません。しかも、ゴマは固い皮に包まれているため、そのまま食べてもほとんど消化されずに排泄されてしまいます。セサミンを吸収するためには、ゴマを鍋などで炒ってからすりつぶして食べる必要があります。スリゴマや練りゴマ、胡麻油などの加工品を料理によって利用すると手間もかからず吸収しやすくなります。レシピの幅も広がりますので飽きが来ないというメリットもあります。しかし、胡麻油は高カロリーの食材ですので、摂りすぎに注意が必要です。

相乗効果のある成分を一緒に摂る

EPAやビタミンEなどの相乗効果のある成分を含んだ食材と一緒に摂ると、セサミンの効果をいっそう高くできます。セサミンにはゴマに含まれるα-リノレン酸をDHAへの変換を促進します。DHAは善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。青魚などEPA、DHAの豊富な食材と一緒に摂ると、血液をサラサラにして動脈硬化など生活習慣病の予防効果を高めます。また、抗酸化力の高いビタミンEと一緒に摂ると、ビタミンEの血中濃度が約2倍と高くなります。抗酸化力が高くなりますので、脂質の酸化を抑えて過酸化脂質の発生を防ぎますので、アンチエイジングやがん予防効果も高くなります。

サプリメントを利用する

セサミンを最も効果的に摂取できるのはサプリメントです。1日の摂取目安量をわずか数錠で摂取できます。相乗効果のある成分を配合したものもたくさんありますので、体質に合ったものを選ぶことができます。吸収しやすく、カロリーを気にする必要もありません。食事にとらわれる必要もなく、いつでも好きなときに手軽に飲むことができます。習慣化しやすいタイミングで飲むようにすると、忘れることもないでしょう。

セサミンを効率的に摂取するには、ゴマの加工品やサプリメントなどライフスタイルに合ったものを利用するといいでしょう。毎日続けることが大切なものです。飲み忘れたり食べ忘れたりすることがないようにしましょう。
参考URL
http://www.reservoir.jp/sesamin004.html

page top