セサミンについての基礎知識

セサミンの血行促進効果

セサミンは肝臓で代謝されて機能を発揮し、血行促進にも効果があります。脂肪の燃焼、DHAの生成、強い抗酸化作用などが血流を改善に働きます。今回は、セサミンがどのように血行を促進するのかについてご説明します。

脂肪の燃焼を促進して血流改善

セサミンは肝臓で代謝されて機能を発揮しますので、直接肝臓に作用し、肝臓の負担を軽減して肝機能を高めます。

アルコールの分解に関わる酵素の働きを活性化して、肝臓に負担の大きいアルコールの分解を促進します。肝臓は代謝をつかさどる臓器ですから、負担が軽減されて肝機能が高くなると代謝も良くなります。

また、セサミンは脂肪の燃焼に関わる酵素の働きを活発にする作用もあります。脂肪の燃焼が促進され、コレステロールの発生が抑えられます。代謝の促進は、この作用を高めます。

その結果、血中のコレステロールが減少して血流が良くなり、血行が促進されます。

DHA生成で血流改善

血管を柔軟にしてスムーズな血流

セサミンにはαーリノレン酸をDHAに変える働きがあります。DHAは血管や赤血球の細胞膜に柔軟性を与えます。血管が柔らかく弾力性が高くなると、血流に応じて収縮拡大して血流がスムーズになります。また、赤血球が柔軟になると、赤血球が変形して細い血管でも通りやすくなりますので血流が良くなります。

コレステロールを減らして通りやすい血管に

DHAには中性脂肪を減らして、善玉コレステロールを増やす働きがあります。血中の新たな脂肪を減らして悪玉コレステロールが減少しますので、善玉コレステロールが血中の余分な脂肪を回収して血液がサラサラになります。そのため、血流が良くなりますので、動脈硬化や脳卒中などの生活習慣病の予防効果が期待できます。

抗酸化力が脂質の酸化を防いで血行促進

セサミンには強い抗酸化力があり、活性酸素の発生の抑制や不活性化に働きます。活性酸素が減少すると、脂質の酸化を防ぎ、過酸化脂質の生成も抑えられます。

過酸化脂質は老化や組織障害、細胞内のDNAの破壊などを起こし様々な疾患の原因となります。血管内では、血管の壁に付着して血管の柔軟性を失わせて硬くし、蓄積が進行すると血流を妨げることになります。

ですから、抗酸化作用による過酸化脂質の減少は、血管内をきれいにして血行を促進します。

セサミンは、血管を柔軟で弾力性のある若々しい状態に保ち、血液もサラサラにして血行を促進します。血行が良くなると、栄養が身体の隅々にまで運ばれるようになりますので、健康と美容に効果があります。食生活や生活習慣の見直しにも取り組むと、いっそう効果は高くなります。
参考URL
https://www.oregonunitedformarriage.org/love-wins/

page top